Cobham SAILOR SART II トランシーバー 9 GHz(日本国内ではご使用になれません)

Cobham SAILOR

  • S$700.00

お問合せ Only 1 left!

製品説明

SAILOR SART IIは、IMO,GMDSSの要件に準拠した救難作業を支援するために設計された9GHzの X Bandレーダートランシーバです。

レーダー信号が船や航空機から受信されると、SAILOR SART II は自動的に応答信号を送信します。 これは12インラインドットのストリームによってレーダー画面上のサバイバルクラフトを明確に識別します。 救助資産h最悪の状況でも要救助者を見つけるのに役立ちます。 一度起動すると SAILOR SART II は96時間以上スタンバイモードのままになり、救助者を正確に正しい方向に向けることができます。

SAILOR SART II は10m防水で、一体型のストラップと操作性の音声と視覚的な識別が特徴です。 また、内部または外部のマウントを備えた船舶またはサバイバルクラフトのオプションを提供し、組み込みのテスト設備と交換可能な5年間のバッテリパックでメンテナンス不要です。

SAILOR SART,EPIRB,通信機器を搭載して毎日何千隻もの船が航海するので、GMDSSコンプライアンスに関しては SAILOR を信頼できます。 SAILORはGMDSS 機器におけるリーディングネームです。 つまり、厳しい海洋環境下でも、SAILOR EPIRB は確実に問題なく作動します。

製品の主な特徴:

  • 船またはサバイバルクラフトオプション
  • 10m防水
  • メンテナンスフリー
  • 交換可能な5年間のバッテリパック
  • 操作に関する オーディオ/ビジュアル表示
  • 組み込みテスト機能
  • 一体型ランヤード
  • 取り付けオプション 内部/外部

一般仕様

レシーバ応答 9.2-9.5GHz,感度は –50dBm より優れています
スタンバイ時間 最長30時間
トランスミッタ応答/td> td class="tg-zpv9">• 9.2-9.5GHz の範囲での12のフォワードおよびリターンスイープ
• 公称スイープ時間 7.5(前方)および 0.4(後方)
• 励振後の最小回復時間 10秒未満
• 0.5秒未満のレシーバ信号への応答
放射電力(ERP) 400mW以上 (+26dBm)
運用時間 1kHzのパルス繰り返し周波数で継続的に調べながら、スタンバイ状態で96時間、続いて最低8時間の送信
温度範囲 • -20°C ~ +55°C (動作時)
• -30°C ~ +65°C(保管時)
アンテナ特性 • レーダートランスポンダの水平面に対して、少なくとも +/- 12.5度以上の垂直ビーム幅
•全方位ビーム幅 +/- 2dB


サイズ仕様


お勧め